2021年10月アーカイブ

誰だって母国がいい

イギリスのヘンリー王子が実はイギリスを恋しがっているとか?
誰だって、自分が生まれて育った国がいいに決まっている。
でもそれ以上に今はメーガンが大好きなんだと思うけどね、イギリスじゃ暮らしていけないだろうし。
ヘンリーは、他の皇族もしているような、パートタイム的なことがしたかったらしい、他は自分で稼ぐから、公務はちょっとでいい、みたいな。
でもメーガンがいて、他の国で莫大なお金が入るならそれでもいい、と言うか、本人は
「それしか方法がなかった」ってことを言ってました。
まだアメリカにいるけど、イギリスのことが恋しい気持ちは当然あるでしょう。
友達だっていないしね。
でも、発音もだいぶアメリカンになってると言うし、そのうち慣れてしまうのじゃないかな。
都合のいい時だけ帰ってくるのだ。
本人はそう思っていないにしろ。
もともと都合のいいように考えていたからね、ダメだよね。
今の仕事だって王族の称号とか知名度があるからもらえてるんdなし、、、まーそこはメーガンが今後もうまくやっていくのだろうけど。
誰だって母国がいいのです。
メーガンがアメリカが好きなようにーー!

このアーカイブについて

このページには、2021年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。