さてさて

ヘンリー王子とメーガンは、フラッグモアコテージの改修費用も返済したし、ということで、
大手を振ってイギリスに戻ることができるようにはなったけど、バッシングはまだあると思うし、
アメリカでの活動、、、というか、金儲けの動きがイギリス人に受け入れられてないから、
帰ってくることはできても肩身が狭いと思う。
キャサリン妃を本で罵倒したし、どのツラさげてアウトいうのだ。
きっとお互いがお互いを避けて過ごすのだろうけど、それもつらくない?
出来ればメーガンはイギリスには行きたくないでしょう。

変ローは戻りたいでしょう、なんたって自分の国だ。
アメリカの生活も、家族がいるからってことでエンジョイしてるだけで、きっと苦しいはず。
アメリカとイギリスはやはり違うよね。

さてさて、そんなふたりだけど、もういまとなっては誰もこのふたりに期待はしていないので、
今はゴシップで金儲けしてるだけ、、、王室は親戚なので感情が入るけど、
国民はたんなる噂の元、、、ゴシップのなかの人達、です。
これをどうやって振り切って生きていくか、ですね。
まさか一生イギリスには行かない、ってんじゃないだろうし。

このブログ記事について

このページは、ほたるが2020年12月 1日 00:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サンダルに靴下」です。

次のブログ記事は「zoom会議について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。