知り合いの医師の話

今日テレビに出てたでしょって言って知り合いの医師に電話したの、ちょうど一回目出れなくてそのあとに掛けなおしてくれたんだけどね。んでテレビ出てたの見たよって言って、なんか偉そうなこと言ってたから冷やかしてあげたの。医師って言っても他にも何人かいたんだけどね、医師の代表みたいになってたんだもん。そしたらね、すごい緊張してたとか言ってて。ウソばっかり、私最初から最後までしっかり見たけど思いっきり慣れた感じでペラペラ喋ってたじゃんって言って。私はそんな風に見えたけど、けっこう緊張してたんだって。医師から出るって連絡くれたから、てっきり画面に向かって「あいしてるよー!」なんて言ってくれてるのかと思ってた(笑)でも超かっこよかったよって言ったら、「当たり前だろ、テレビ出るから昨日美容室も行ったけどな。」だってさ。超ウケる、あんなちょろっと出るだけなのに美容室とか行っちゃってんの。やっぱりそういうところはバカなんだ、頭いいのかバカなのか相変わらずわかんないよね。テレビ録画してるから今度から何度でも見れるよ、いつでもどこでも見れるよ。何か私に悪いことしたら、録画してるところをずーっと病院のテレビで流してやるって脅しといたけどね。

その医師で思い出したんだけど、この前本棚の整理をしていたら以前その医師にいただいた本がでてきた。その本は私に読んでもらう事もなく本棚の奥で眠ってしまっていた。医師がこの本を私にくれたのは、きっと5年ほど前だったかなと思う。私が医師に勧めた本があり、そのお礼にと頂いた本だった。少し古い推理小説で、私も少しだけ内容を知っている。物語の最後にまさかの結末が待っているという、お決まりのものだが医師はその結末が好きだった。推理小説自体は興味があるのだが、やはりもともとファンタジーが好きなので読まないままにしまっていたのだろう。今頃になってという感じだが、せっかく医師に頂いたのだしこれから読んでみようと思う。今度医師と会うかもしれない、そういえば今日ちょうどそういった仲間に誘われて一つ用事ができたんだった。これは良い機会というか、なんだか偶然なのかどうなのか。それに照らし合わせたように、この本を手に取ることになるとは。私はこういった偶然に出くわす機会が多い、以前にもこういったことがあったときに知人と同じ話をしていた。さてさて、この本を読んでまた医師に感想を伝えよう。きっと医師はもう忘れているだろうけど・・。テレビのこととか話して本のことも話せるといいな。

そんな医師の顔みたいという人いるよね?実はここの医師転職サイトランキングの中のどれかに体験談が掲載されていて写真も出ている様子。是非探してみてね。

このブログ記事について

このページは、ほたるが2020年1月13日 15:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「原因があるとしたら。」です。

次のブログ記事は「お受験のシーズン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。