裁判用語

映画を見ていてイラっとするのが、裁判映画での難しい専門用語。
そこまで知らないと理解出来ないのかって。。
後で調べてみたりしますが、それは英語の映画であって、日本語のでも分からないと、
日本語の意味を調べるって逆にものすごい時間がかかるので、もうこれは分からないままにします。
なので最初から裁判ものはみたくないのだ。

裁判専門用語がいっぱい出てきて、それがないと成り立たない映画は、
下に用語の説明が流れるようにしてほしい。
そうなってるのもあると思うけど、是非やってもらいたい。

最近、裁判ものの映画を何度も見ました。英語ですけど。
それも難しいのですが、英語の勉強のためにって後で調べるんです、これは逆に
なになに=なになに、ってけっこう単純にでてくるんですよね。
でも日本語で分からなくて調べると、その説明が分からないんです、
これを納得するまで調べるなんて相当な時間がかかる。

なんかこう、、もっと単純に分かりやすく説明したものってないものかなって。
もしくは漫画ででもいいので分かりやすく書いたものってないのかな、買いますよ笑

頭が悪いのはじゅうじゅう分かってますけどね、3歳児に分かるような説明が出来ないようではダメなのだ。
(って、ガンジーが言ってた)
どうか頑張ってくれ(!!)。

このブログ記事について

このページは、ほたるが2019年2月 1日 21:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新年あけまして!」です。

次のブログ記事は「ウエストポーチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。